スチームモップ掃除機のメリット

洗剤を使わなくても水だけで掃除機出る

高温のドライスチームを使うため、除菌もできる

しつこい油汚れなどでも簡単に除去できる

 

▽管理人一押しのスチームモップがこちら▽
除菌効果も高いシャークスチームモップ

スチームモップ掃除機の利用シーン

赤ちゃんがうまれてハイハイをするので、フローリングを清潔に保ちたい

花粉などを舞い上がらぜずに掃除したい

洗剤が残っているのが不安なので、水だけで掃除をしたい

お風呂場のタイルなどの細かい溝の掃除をしたい

 

スチームモップは、高温(約100℃)のドライスチームを使って、こびりついた汚れを浮き上がらせて掃除します。よく使う電気集塵式掃除機とは、落とせる汚れが違うということですね。つまり、スチームモップは、集塵式の掃除機の代わりになるというよりは、雑巾などの拭き掃除の代わりになると考えるべきです。

 

スチームモップ 電気集塵式

スチームモップの写真

集塵式の写真

●こびりついた汚れを浮かびあがらせ取る ●ホコリなどを吸い込んでとる

雑巾がけと同じ効果

ホウキ掃除と同じ効果

 

よくある質問

スチームモップはフローリングにも使えるの?

高温おスチームといっても、ごく短時間のため、フローリングにも、もちろん使うことができます。

 

ただし、ごく稀に、材質によっては変色などがある可能性があるので、念のため、お掃除前に必ず目立たない箇所で試してみることをお勧めします。その上で、変色などがないことを確認したのちに、フローリング全体の掃除の上に使いましょう。また、もしも水性のワックスをフローリングに掛けている場合には、床面のツヤがスチームモップにより掃除されてしまいますので、その場合には、再度ワックスを掛けなおす必要があります。ご注意ください。

 

なお、ショップジャパンのシャークスチームモップであれば万が一フローリングとあわずに使えない等の場合には、使用後でも30日以内であれば、送料のみの自己負担で返品できますので、お気軽に試すことができます。

スチームモップはどんな場所に使えるの?

スチームモップは高温のドライスチームを使って、しつこい汚れを落とすための掃除機です。よって、ある程度、スチームに対する耐水性のある硬めの床がお掃除の対象になります。

 

よって、以下に記載する場所では、スチームモップは利用できないので、これらの掃除には集塵式の掃除機をつかいましょう。

 

  • プラスチック素材
  • つやのある皮革
  • ワックス掛けをした床面
  • 塗装がされていない無垢のフローリング
  • アクリル素材
  • リネン
  • 革製品や毛皮の敷物といった湿度を嫌う場所